×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

主婦必見☆へそくり小遣い稼ぎ>株の種類
主婦必見☆へそくり小遣いかせぎ
貯める
株のはじめかた
証券会社リンク
手数料比較
株の基本とコツ
株の種類
株主優待

証券会社
イー・トレード証券
松井証券
GMOインターネット証券
岩井証券
コスモ証券
エイチ・エス証券
安藤証券
楽天証券株式会社
タイコム証券
ライブドア証券
内藤証券
ひまわり証券
丸三証券
マネックス証券

株の種類を覚えよう

 株は、大きく分けると3種類に分類できます。

1、一般株
2、資産株
3、仕手株(してかぶ)

1、一般株
 初心者は、一般株からはじめましょう。株価は毎日変動。
 一般株でのコツは、だいたい1年に2回くらい株価が最高値と最安値に近づくので、そこを狙って売買する。
 つまり、1年サイクルで株価を見て、大きな波を捕らえます。
 最安値から回復して株価が上昇し始めたら買いましょう。そうしないと、そのままズルズル下がって買ったときよりも損をすることになる可能性があります。
 そして、1年で2回くらいある波を見て、最高値に近づいたら売りです。

 すぐに利益を得ようとせず、1年は勉強と思って株をはじめるのがいいスタンスだとおもいます。

2、資産株
 株価の変動が少なく、安定しているもので配当が大きいもの。超一流企業株。
 一般株で儲かったお金は最終的に資産株に回し、毎年配当金をもらう。というのが一般的だと思います。ただし、資産株は100万円単位保有していないと、配当は見込めません。

 基本的には、一般株の売買で資金を作り、その一部で資産株を購入。一般株の売買も続けながら資産株も少しづつ増やしていくことによって、やがて安定した配当金が入ってくるようになります。

3、仕手株(してかぶ)
 世間の信用をなくして株価が急降下したが、東証一部に上場している企業なので、持ち直す要素は高いが世間の信用をなくした株。

 しかし、いつ株価が上がるかは分かりません。最悪の場合、そのまま消滅することもありますが、建て直しが成功すると、信用をなくす以前の株価まで戻る可能性もあるので、そうなった場合は安いときに買っておけば儲けは大きいでしょう。

 仕手株は ハイリスクハイリターンです。初心者が手を出すのはものすごく危険です。だいぶ株の仕組みも分かってきて資金に余裕がある場合にのみ、手を出すのがいいと思います。

≪株の基本とコツ株主優待≫


主婦必見☆へそくり小遣い稼ぎ
TOPページに戻る